「くまさんの森」のメロン

  • グリーンコープ向け「ゆうかメロン」活着しました。

    本年は、グリーンコープさんとメロン販売を契約しました。 第一弾のゆうかメロン、畑に定着してくれました。
  • メロン定植しました

    本年もメロンの植え付け始まりました。 総社の畑から順番に定植しています。
  • ハウスの下準備

    メロンのおうちハウスの中の準備です。 僕は足踏温床と言うのを取り入れてます。今日はとっても暖かい日で、家族総出で畑に出てきています。子どもも元気に足踏温床を楽しく手伝ってくれています^_^裸足で歩いてる姿も嬉しいです。
  • メロンハウスの溝掘り

    マイクロユンボをレンタルして裾のビニールを設置する準備です。 今までは、鍬で掘りまくってましたが、規模が大きいので、流石にねー。 昔、田んぼだったので粘土質だったので機械導入して正解でした。
  • 続ハウス建設

    大ハウスなので筋交いを設置しました。 これがメチャクチャ力でパイプを押さえつけながら金具で固定する作業、朝から筋トレをしてしまった。あらかじめ紐で縛り付けておいてねじ止めします。 屋根とサイドに支柱を固定したら、裏側の妻面を設置しました。 妻面の柱パイプ、横パイプの外側か内側どちらに設置したら良いか悩みました。 ネットで検索しても画像が見当たらない? 皆さんビニールを止めるビニペットのみ設置してる見たいです。
  • ハウス建設続く

    支柱を立てて真ん中を接続していきます。 前に買った180脚立では峰にとどかないので背の高い210脚立を追加購入。 大屋根の支柱を金具で留めました。 高さがあり過ぎて作業が怖いです。 メインの梁の脇に二本ずつ梁を取り付けました。 低い部分は脚立に足場を渡して素早く出来ました。脚立を追加して結果的に良かった。
  • ビニールハウス建始まる

    メロン用の本格的な中古ハウスが手に入りましたので、古いパイプを修理しながら1人で建て始めました。 まずは、基礎となるアーチパイプを建てていきます。 古くて折れている足の部分にパイプを継ぎ足しして高さを合わせます。太いパイプに細いパイプを差し込みビス止めします。 50センチ毎に深さ40センチでパイプを畑に刺していきます。 直角を出すためにメジャーで6対8対10の長さを割り出して正確にパイプを刺しました。
  • メロンの畝作り

    来年のメロンを植える畝に集めたイネ、落ち葉、籾殻を投入しました。
  • 秋の無農薬トウモロコシ

    秋の無農薬トウモロコシ、大きく甘く育ってくれました。 花粉の飛散が少なくて、しっかり仕上がるか心配でしたが、小まめに水やりして大きくなってくれました。 メロンと同じく子供達がかぶりつく当農園の人気ものです。  
  • 秋メロンの紹介(本年完売しました。)

    令和元年は、秋メロンも完成することができました。予約でほぼ売れてしまった為、告知が出来ずに終了してしまいました。 春メロンより断然、難しく、前年は全滅してしまいました。 夏に植える為、最初から虫が活発に活動しているのと、台風や秋雨で湿度が高く病気が大発生。 マスキングテープで対処できる場合は、貼り付け取り除きます。 この作業が大量で細かい! ビニールハウスから出てこれないし、拡大ルーペを装着して作業したい!
  • メロンの肥料集め

    来年のメロン肥料集め始まりました。 メロンが美味しく甘く育つための重要な作業です。 稲わらや籾殻、山の落ち葉を集めて、発酵させて肥料に使います。

くまさんの森

倉敷農園:岡山県倉敷市矢部2243
総社農園:岡山県総社市久米
Tel:080-3547-5215
Mail:info@kumamori.net