「くまさんの森」のメロン

タグ: #くまさんの森#ゆうかメロン

  • メロン販売終了のお知らせ

    皆さま、本年も無事、春作メロン販売、終了する事が出来ました。
    ありがとうございました。
    いつの間にか夏になっていて、驚いています。
    一瞬お休みを頂いて、秋作メロンとトウモロコシの作付け準備をしたいです。
    また、よろしくお願いします。

  • メロン販売の状況について

    皆さま、くま森直売所にご来店頂き本当にありがとうございます。ゆうかメロンを中心としたくまさんの森メロン、大変ご好評を頂き、メロンに寄り添ってきた私は、嬉しくて感無量です。

    さて、最後のハウスのメロン達、収穫が始まり、春作ゆうかメロンの終了が迫って参りました。週末は、どうぞくまさんの森直売所へいらして下さいませ。

  • ゆうかメロンの紹介

    ゆうかメロン初めての方にご報告します。果皮が黄金色です。これは初めから黄金色ではなく緑色をしていたものが熟すに従って色づく性質のメロンです。

    ヘタが大変取れやすいです。メロンを象徴するTの字の冠が、メロンが完熟すると分離してメロンが落ちてしまいます。ゆうかメロンを持つ時はヘタを決して持たないで下さいませ。

    果肉は緑色をしています。

    味わいはサッパリした感じでさっと食べられイガイガ感がないです。私は、メロン食べるのが苦手なんですが、色々なメロンを見つけてはたべ、自分で色々なメロンの品種の種から栽培しては食べましたが、やっぱり、ゆうかメロンが1番気に入ってます。

  • メロンの育成状況について

    肝心のメロンなんですが、今年は、なかなか育ってくれず、まだ収穫量が少ないです。本調子になるのは6月30日前後になると思います。

  • OHK放送さんに撮影していただきました。

    くま森のメロン収穫時期が始まる前に農園を撮影していただきました。晴天でハウス内は暑い!皆さん汗びっしり、プロは凄いですね。私は緊張して呂律が回ってなかったです。6月16日OHK Live News 夕方6時9分から45分の間で放送されるそうです。

  • 農薬不使用栽培ゆうかメロン

    3月植えの農薬不使用栽培ゆうかメロン(無農薬)、そろそろ収穫かな〜と様子を見ると割れてる!暑くなってきたので暖めすぎかも最後まで微調整が難しいですね。

  • 令和3年度メロン販売について

    5月に入りお問い合わせを多くいただいております。交配作業が進み、だいぶメロンが大きくなって来ました。本年の販売は、6月15日位から順番に収穫を予定しています。販売開始までもうすこしお待ちくださいませ。

  • 農薬不使用栽培(無農薬)ゆうかメロン交配始まりました。

    暑い日が続いて順調に育って参りました。雌花が咲き始め、交配スタートです。雄花を集めてひと花づつ丁寧に慎重に花粉を付けて行きます。自然交配はすぐにメロン玉が大きくならないので、着果したのが分かるまで心配です。寒い日は花粉が出ないので交配を諦めます。今年は何玉収穫できるかな。
  • ゆうか(優香)メロン定植しました。

    第一弾、第二段、植えました。籾殻くんたんを全面に設置。更に苗周りにも設置しました。ハダニ対策に効果あるか期待しています。収穫は6月15を目標にしています。
  • 山陽新聞さんに掲載していただきました。

    当時を振り返って、色々大変でしたが、勉強も沢山しました。これからも一歩一歩進んでいきます。
  • 2021年度収穫予定表を作成しました。

    現在、順番にメロンをハウスへ定植しています。予定通り行けば良いのですが。
  • メロン畝の作成

    ミニハウスで畝作りが始まりました。 クワやスコップで畝予定地の真下を掘っていきます。 このハウスは15メールを50センチの深さで掘り進みます。すると、2年前に埋めた、籾殻が出てきました。落ち葉や藁は土に戻ってしまい残ってません。この地下の土をメロン近くの畝土に利用します。 藁を敷き詰めます。 落ち葉をいれます。米糠をふり、水を掛けながら足で踏み固めて土をかけて出来上がりです。
  • メロンハウス内張の完成

    何とか寒くなる前に完成しました。 メロンビニールハウス内側にもう一つビニールハウスをつくり、内張に快適空乾という、通気性の有るビニールを張りました。苗近くにビニールを二重に張って二重トンネルにし、合計4重ハウス、心配なのでサイドに不織布を張り、小型園芸ヒーターも設置しました。
  • 農薬不使用栽培ゆうかメロン販売終了の報告

    本年もご購入いただきありがとうございました。皆さまに褒めて頂き、頑張ったかいがありました。ビニールハウスのなかで発狂せず、踏ん張れたのは皆様の掛けていただくお言葉です。ありがとうございました。 来年はもう少しサイズアップできるようにビニールハウスを改良して、植え付け時期を調整したいです。 七月より極み減農薬ゆうかメロンの販売が始まります。どうぞよろしくお願いします。
  • なぜメロン栽培なのか?

    農業には、米農家、野菜農家、花農家、畜産農家などたくさんの分野が有りますが、くまさんの森がメロン栽培を目指す経緯はなんだったろうか? メロン嫌いが作るメロン。 企業経理やホテルのフロントなどの会社勤めを経て、手に職を付けなければいけないと思い、2009年に茨城県の日本農業実践学園にて農業の職業訓練を受けました。 学園に住み込み、農業の基礎と、様々な野菜の栽培方法を学びながら、研修先の農家でメロン栽培に出会いました。 実は、メロンを食べるのが苦手だった。 メロン独特の苦味が苦手で、どちらかと言うと少量多品目野菜の農家に研修に行きたかった。 研修先の師匠に、「お前は本物のメロンを食ったことがないだろ!」と差し出されたメロンを食べてみたところ、さっぱりとしたのど越しと甘さ、芳醇な香り、その美味しさに一瞬にして虜になってしまったんです。 一本一本丁寧に、手をかけ声をかけて育てていくのがワクワクして楽しく、収穫時のメロンの大きさが、自分の身体サイズに合って扱いやすかったのがメロン栽培をしたいと思うきっかけとなり、弟子入りをして本格的に栽培技術を修得しました。 「自分で食べるものは自分でつくりたい」と思い、メロンを柱とした「くまさんの森農園」を運営していくことを決意したのでした。

くまさんの森

倉敷農園:岡山県倉敷市矢部2243
総社農園:岡山県総社市久米
Tel:080-3547-5215
Mail:info@kumamori.net